建設業許可 藤沢・茅ヶ崎などを中心に県内の申請をサポート致します。

資本金500万円未満でも建設業許可を受ける方法

  • HOME »
  • 資本金500万円未満でも建設業許可を受ける方法

建設業許可(一般)の要件で「資本金が500万以上」というものがあります。
建設業の会社設立の場合、将来の建設業許可取得を考えて資本金500万以上
で設立するのが一般的だと思います。

しかし、会社設立の際資金がなかったり、将来の許可まで意識してなかったり
で資本金500万以下で設立してしまっても大丈夫です。
資本金の増額などの登記手続きをしなくても建設業許可は取れます。

建設業許可の財産的要件

一般建設業許可を受ける場合の許可要件は資本金の額だけではありません。
要件は次のいずれかに該当すればいいのです。

  • 自己資本の額が500万以上であること。
  • 500万以上の資金を調達する能力を有すること。
  • 許可申請直前の過去5年間を許可を受けて継続して営業した実績を有すること。

資本金500万未満で建設業許可を得る方法

資本金の要件が足りない場合、資本金の増資という手続きを
することもあります。
資本金は登記事項であるため、議事録等作成と登記申請で
時間と費用がかかります。

資金や財産がある場合は
取引金融機関の「預金残高証明書」又は「融資証明書」等を使います。

「融資証明書」は担保とすべき不動産等を有していること等により
財務能力を証明すれば金融機関が発行してくれます。

金融機関によって、その場で発行してくれる所や、郵送で送ってくれる所もあります。
手数料は324円~656円とまちまちです。

無理に増資をせずとも証明書を用いることで財産的基盤又は
金銭的信用を有していることは証明できます。

建設業許可申請の際には資本金のことを気にするよりも
実質的な財産基盤を重視して書類で証明しましょう。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 0466-33-1580 受付時間9:00 - 18:00[土・日・祝日除く]

PAGETOP
Copyright © 行政書士事務所 ローライト湘南 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.