建設業許可 藤沢・茅ヶ崎などを中心に県内の申請をサポート致します。

経営業務管理責任者とは?

  • HOME »
  • 経営業務管理責任者とは?

建設業許可を取得するためには建設業について経営の経験が
ある人が必要です。

これは受注金額が多額であり長期間瑕疵担保責任を負う建設業
において適正な経営を確保することを目的としています。

 

経営管理責任者の条件

経家管理責任者として認められるためには下記の条件を満たす必要があります。

  • 許可を受けようとする建設業に関し、5年以上経営管理の経験
  • 許可を受けようとする建設業以外の建設業に関し、7年以上の経営管理経験
  • 許可を受けようとする建設業に関し、5年以上の執行役員としての経営管理経験
  • 許可を受けようとする建設業に関し、7年以上の経営業務の補佐経験

 

経営管理の経験とは

経営管理の経験を判断するときには主にこれまでついてきた
役職で判断されます。

法人の役員、個人の事業主又は支配人その他支店長、営業所長など
対外的に責任を有する地位で経営業務について総合的に管理した
経験があれば「経営管理の経験」として認められます。

 

社長以外が経営業務管理責任者でも許可が取れます

建設業許可を取得する際によくある誤解は「社長が建設業の経営経験が
ないといけない」ということです。

建設業の経営経験が求められるのは、

法人の場合 常勤の役員のうちの1人
個人の場合 本人又は支配人のうちの1人

です。

特に社長の建設業の経験が求められているわけではなく
経営する人の中に一人いればいいのです。

 

経営を補佐した経験とは?

補佐した経験とは、例えば、個人事業主である父を子がずっと
手伝ってきたようなケースや取締役会や経営会議に参加していた
経験をいいます。

ただ証明資料として取締役会の議事録や職務権限規程などで
経営に携わり補佐していた経験を証明しなくてはなりません。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 0466-33-1580 受付時間9:00 - 18:00[土・日・祝日除く]

PAGETOP
Copyright © 行政書士事務所 ローライト湘南 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.